2006年11月01日

パリの現実に落胆、「パリ症候群」の日本人観光客

シェアブログsekaiitibakaに投稿
inunokuso.jpg パリを訪れる日本人観光客のうち、年間約12名が思い描いていたパリとはかけ離れた「不親切な市民」、「汚れた道路」などを見て落胆し、心理療法が必要な状況に陥るという。

 ディマンシュ紙は精神科医の発表を引用、「3分の1はすぐに回復し、3分の1は病状が再発します。残りの人たちは精神性的疾患を患っているのが現状です」と報じている。

 パリ日本大使館の発表によると、今年に入ってからすでに「パリに期待を裏切られた」4名が日本に送還されたという。そのうち2人の女性は、宿泊先のホテルで盗聴被害にあったと話しているそうだ。また他の2名については、一人は自分がルイ14世だと信じている男性、もう一人は電子レンジから何らかの攻撃を受けていると主張する女性であることを大使館側は明らかにしている。

ソース

総評:
 まあ、世の中たいていこんなもんです。
 美しい写真に惹かれて行ってみたら、それほどでもなかったなんて話はザラにあります。
 でも、よく考えてみれば当たり前なんですよね。
 プロのカメラマンが、一番美しい景色を写真にとって来ているわけで、その光景がその場所で最高の光景というわけです。
 ですので、それ以上というのは見る事が出来ず、結果がっかりというのは仕方のない事です。
 沖縄の宣伝で、オーストラリアの写真使ってたなんて事がありましたが、それは怒ってもいいと思います。

 遠くの国であればあるほど、幻想は膨らみます。
 中国人のイメージは、人民服来ている人ですが、今時そんなもん着てる人はいません。
 それどころか、上海っ子はここに住んでいる事をアピールするために、パジャマでうろうろするのが流行っているという始末です。

 ならばもっと遠いフランスには、もっと夢が託されます。 
 しかし現実は、エレガントなはずのフランス人が、実はキャプレン翼にのめり込み、セーラームーンのコスプレをしたりしています。
 別に彼らは、観光局の役人ではないので、好き勝手生きたいように生きているのが当然であり、文句言われる筋合いはありません。
 夢見がちな観光客は、あまりのギャップに打ちのめされ、よろよろと三歩後ずさったところで、パリ名物犬のクソを踏んで一丁上がり。
 現実に気づいたところで、あとは適当に記念写真取って、「ご飯たべたーい」とか言って帰りの飛行機に乗って帰っていくでしょう。
 ですから、海外旅行はあんまり期待を持って行ってはいけないんです。
 期待を持ってはいけないからといって、南アフリカ共和国をダンテの地獄門にたとえるのは失礼すぎますが。w

 *南アフリカ共和国:銃で脅すよりも射殺してから財布を盗んだ方が早いと考える、合理的な考えの人たちが住む国。
 国境から200m先に安全地帯のホテルがあるが、タクシー代をケチって突っ走る人は、たいてい途中で殺される国です。

 話が長くなりましたが、パリに来て非常にショックを受けた日本人たちにどうすればいいかという話でしたね。
 彼らが何と言っているかを聞いてみますと、

「一人は自分がルイ14世だと信じている男性、もう一人は電子レンジから何らかの攻撃を受けていると主張する女性であることを大使館側は明らかにしている。」

 ・・・パリに来たこと全然関係ないじゃん。w

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif




posted by munimuni at 02:06| 埼玉 🌁| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。