2006年06月18日

ドイツ人はノリが悪いニダ!「“テーハミング”を真似しないし、電車の中で応援したら怒る」

 韓国のサッカー応援団レッド・デビルスが2006ワールドカップ開催地であるドイツで応援呼応度が低くてがっかりしている、と6日ユーロスポーツは一面トップ記事で扱った。
 あるサッカーファンは「応援の掛け声である'大韓民国'を叫んでも誰も真似しない」「ドイツ人たちがアジアの言葉に慣れていないという事実は知っていたが呼応度がこんなに低いとは知らなかった。」と言った。
 彼女は「ドイツ人たちは電車で応援をしても、ずっと静かにしなさいと言った。ワールドカップ開催国の国民がワールドカップを楽しまないのは変だ」と言った。さらに、2002年ワールドカップの応援熱気を回想して「次のワールドカップは韓国で開かれたらいいと思う」とも。
 一方この日、ユーロスポーツは、韓国人らはドイツ人らとは違い、世界的なサッカーの祭典をどんなに楽しまなければならないか、知っていると評価した。
 特に最近、レッド・デビルスが韓国ウリ銀行「パク・チソン定期預金」口座を設けるために集団で押しかけているという事実が浮上、韓国のサッカー愛が格別だと明らかにした。

総評:
 ドイツでドイツ代表がいるのに、何が悲しくて韓国代表応援しなけりゃならないんだ。
 しかも、電車内で騒いで、夜の10時にシャワー使っただけでうるさいって怒鳴り込まれる国でまさに命知らず。
 決勝トーナメントでドイツと当たってこれやったら、血の雨が降るぞ・・・
posted by munimuni at 22:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。