2006年07月08日

「8月末までに牛肉を買わないなら3600億円払え」米、対日制裁法案を提出

 超党派の米上院議員14人が21日、米国産牛肉の対日輸出が8月末までに再開しない場合、日本からの輸入製品に総額31億4000万ドル(約3600億円)の制裁関税を課すよう求める法案を提出した。
 提出したのはノースダコタ州のコンラッド議員(民主党)ら畜産州選出の有力議員。
 記者会見した議員らは日本の手続きが遅すぎると口々に批判、早期の輸出再開を迫った。
 この問題では、最大の業界団体である全米肉牛生産者牛肉協会(NCBA)が今月中旬、再開遅れを不満として対日制裁を支持する方針を決定、議会に働き掛けを強めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060622-00000012-kyodo-int

皆様のご意見
 「いっそ輸入してさ、で、徹底的に検査してBSE肉を見つけてさ、3600億円の損害賠償請求おこしたらどうかな?訴訟王国のアメにはそれくらいがちょうどいいべ。」

クリックで応援してね。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by munimuni at 01:09| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>いっそ輸入してさ、で、徹底的に検査してBSE肉を見つけてさ、3600億円の損害賠償請求おこしたらどうかな?訴訟王国のアメにはそれくらいがちょうどいいべ。
賛成!
額31億4000万ドル(約3600億円)払えとか調子にのりすぎ
Posted by すぎ at 2007年10月24日 18:40
 >すぎ様
 何でも主張すればいいってもんじゃないと思うんですけどねえ。
 数少ない友達(日本)なくしますよ。
Posted by 管理人 at 2007年10月27日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。