2006年08月03日

51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑

iran.jpg 今から二年前の話ですが、イランで51歳の男に数回にわたり暴行を受けた少女が死刑となりました。
 彼女はこの事を誰にも話さず、道徳警察に逮捕されました。
 イランでは、自動車の中に少年と少女が二人きりでいたというだけで、「純血に対する犯罪」ということで逮捕されるくらい厳しい、という背景があります。
 彼女は裁判にかけられ、この時初めてレイプされた事実を話したのですが、年齢を考えるとその事実を証明しない限り、彼女の罪となるのだそうです。
 そして男性の証言が女性の証言よりも重く用いられるため、証明するのは極めて難しい状況でした。
 これでは少女の潔白を証明することは出来ず、ついに彼女は裁判官に叫んで訴え、ベールを脱ぎ捨てて主張しました。
 この行為が致命的でした。
 イランでは法律により女性がベールをかぶることを強制されていることにくわえ、ベールをかぶらない女性は「軽い」と見なされてしまうのです。
 裁判官は彼女に死刑を宣告しました。
 本来、彼女の年齢ですとイスラム法を適用できないのですが、死刑を適用するために裁判官が彼女の体を見て22歳との判断を下し、無理矢理適用に持っていったのです。
 彼女は翌日の午前6時、クレーンにつり下げられ絞首刑となりました。
 それに対してレイプした男性は、むち打ち95回の刑となったそうです。

ソース

おもしろかったら、クリックで応援してね。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by munimuni at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか、とてつもなく馬鹿な国。
事宗教の話しになるとタブーが多くて難しいけれど、女性を人と思わない宗教感てのはいかがなものか・・・。
Posted by akiti at 2006年08月04日 08:49
 出だしはハリウッド映画にでもありそうな絶望的な状態。
 ただ違ったのは、全く救いがなかったと言うこと。
 全体の悪意が、個人を押しつぶしていった様子が、中性の魔女狩りに似ています。
 こいつさえ殺せば問題は解決するってところが。
Posted by 管理人 at 2006年08月04日 20:30
はじめまして。
田嶋〇子じゃなくても怒りたくなる話ですね。
Posted by @えんじ at 2006年09月11日 23:14
 >@えんじ様

 私もさすがに腹が立ちました。
 みんな、外見を取り繕うことしか考えてないですからね。
Posted by 管理人 at 2006年09月14日 00:30
宗教で人が狂う。
本末転倒だ。
Posted by 神は泣いている at 2007年07月03日 14:08
 >神は泣いている様
 宗教やってる所って戦争多いですよね。w
Posted by 管理人 at 2007年07月06日 21:14
爬虫類が住民の多数を占める国家だから仕方ないよ。

イスラム教は脊椎動物で言えば爬虫類である。

イスラムの教えは中世から全く変わっていない。
「コーランか、剣か」の非人道的な教え、
一夫多妻制が歪められて生まれたハーレム、
偶像崇拝を否定しつつ預言者や聖人を崇拝する狂った教義、
神の名の元に―同じ民族であろうと―異教徒を拉致しては殺し、
女・子供を堕落させていく野蛮さは現在でも残っている。

爬虫類の生態も恐竜が闊歩していたジュラ紀から変わっていない。
彼らは冷血動物な上に極めて脳の容量も小さく、社会性など全くない。
基本的に「食う・寝る・交尾する・戦う」ことだけが彼らの生き様である。
そして、爬虫類が食いものにするのは昆虫のほか、
彼らより進化したネズミ、ウサギ、トリなどの温血動物である。
さらに彼らは共食いすら容赦なく行う。

古来より全く変わらない自らより進化している異種族や
同胞を食い物にする非人道的なものの代名詞、
爬虫類・イスラム教はこの世から撲滅すべきである。
Posted by あ at 2007年08月29日 22:11
全面核戦争で決着をつけるしかないのだろうな。
Posted by 通りすがり at 2008年07月17日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。