2006年08月04日

亀田興毅、おしゃぶりと紙おむつに激怒

akachan.jpg 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦12回戦(2日・横浜アリーナ)の計量が1日に東京都内で行われ、世界初挑戦する同級2位の亀田興毅(協栄)はリミットちょうどの48.9キロ、同級1位のフアン・ランダエタ(ベネズエラ)は48.8キロでともに1回でパスした。

 ランダエタが計量中の亀田を挑発しようとおしゃぶりと紙おむつを手渡そうとする一幕があった。亀田側は不快感を示し、計量終了後に予定されていた記者会見をキャンセルして引き揚げた。

 対戦相手の写真が張られたフライパンをねじ曲げるなど、数々のパフォーマンスを披露してきた計量の場で、亀田が相手の挑発に怒りの表情で引き揚げるという、ハプニングが起きた。

 仕掛けたのはランダエタ。計量中の亀田に歩み寄り、おしゃぶりと紙おむつを手渡そうとした。亀田は激怒して受け取りを拒否、父の史郎さんも「おまえがやったれや」と声を荒らげ、一触即発の雰囲気となった。史郎さんが両者に握手を促したが、強く握られるのを嫌ったランダエタが拒否した。

 前日の調印式の席上ではランダエタにキューピー人形を手渡し「きょうはこのネタで十分。KO予告タイムは計量の日のお楽しみ」と亀田が話していた。だが、予告タイムはもちろん得意の亀田節が披露される機会は全くなかった。

 ランダエタは亀田の世界レベルでの経験不足を指摘してきた。“プレゼント”にはその意味を込めたとみられる。「ベネズエラやタイにも亀田みたいな選手はいた。彼が攻撃的なことをやってくることは予想していたんだ。あしたは亀田がおむつをすることになるだろう」と得意げに語った。この日ばかりは亀田の完敗といったところか―。

ソース

総評:
 この挑発は、元をたどれば亀田選手がランダエダ選手にキューピー人形を手渡すと言うことで、先に仕掛けたんですよね。
 それで、仕返しとしてランダエダ選手におしゃぶりと紙おむつを手渡されたと言うわけ。
 まあ、はっきり言って亀田選手がバカだって事ですな。
 あのさ、挑発のしあいって、怒ったら負けなんだよ。
 相手のしてきたことを、クールに受け流して気のの利いたことを言い返すってのが大人のルール。
 それを、自分が先に挑発しといて、相手に同じ事されたら怒りましたじゃ、頭悪すぎだね。
 ヒーローってのは強いだけじゃなく、頭もよくないといけない。
 普通じゃ出来ないことをやり遂げているからこそ、尊敬のまなざしで見られるヒーローなんだからさ。
 なんて言うか、ダセェ。

 信玄と謙信にこういう逸話がある。
 川中島で真っ向から向かい合っているとき、信玄が謙信に、歌をしたためて送った。
 「杉枯れて、竹たぐひなき、明日かな」
 上杉の勢いが衰え、武田の勢力が伸びるという意味の歌を読んだ謙信は、濁点をつけただけで返してよこした。
 「杉枯れで、たけだくびなき、明日かな」
 どうです?粋でしょう。
 これが何百年も語り継がれる、両雄の喧嘩ってものですよ。
 胡散臭い試合をしている暇があったら、よーく覚えておくように。

 おもしろかったら、クリックで応援してね。
banner_04.gif


posted by munimuni at 00:24| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もとの句の「杉枯れて」が「杉枯れで」になってますよ.訂正お願いします.
Posted by 通りすがり at 2006年09月12日 18:40
 >通りすがり様

 訂正致しました。
 ご丁寧にありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2006年09月13日 20:39
(・3・)Bu-
Posted by at 2007年10月24日 18:42
Posted by at 2009年09月18日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

一夜明けてもまだ亀田
Excerpt: 昨日の亀田興毅の世界王者決定戦の疑惑の判定に関する話題が未だに盛り上がってますが、こういった話題でも盛り上がれば亀田フ
Weblog: 音ブログ@音楽情報マッチング
Tracked: 2006-08-04 00:48

black jack betting
Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。
Weblog: black jack betting
Tracked: 2006-10-13 15:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。