2006年09月03日

マックフラリーの容器、「ハリネズミ」のためにデザイン変更

sonic.gif マクドナルドで販売されているマックフラリー(ソフトクリームにトッピングを加えたもの)について、「フタに開いている穴のサイズが大きすぎるため、ハリネズミが入り込んで容器から抜け出せなくなって死亡してしまう」とのクレームが数年前に発生、このためマクドナルド側は9月1日から、容器のデザインを変更して販売すると発表した。
 
 マックフラリーの容器に付着した「人間の食べ残しのソフトクリーム」を舐めるため、ハリネズミが中に入り込んだあげくに抜け出せなくなり、餓死してしまうケースがこれまでに報告されていたが、その詳しい件数については明らかになっていない。

 英国ハリネズミ保護協会のフェイ・バス代表はこの決定について、「非常にすばらしいことです。我々は5年前からマクドナルド側に容器デザインの変更を訴えてしてきましたが、この度やっと要求が受け入れられました」と喜びの気持ちを述べた。

 一方マクドナルドは声明で、「今回のデザイン変更は社会からの圧力により決定されたことで、十分な研究の結果、ハリネズミが入り込まないように再設計されたものだ」と発表している。

ソース

総評:
 マクドナルドと言えば、コーヒーこぼされた人がショック死して百数十億の賠償金盗られたり、スープが熱すぎて食道に大やけどをした人からこれまた同じくらいの金額を払わされたりと、ターゲットにされやすい企業ではありますが、ハリネズミにまで配慮を求められるとは、客商売も楽じゃありません。

 今回の悪の親玉である英国ハリネズミ保護協会のフェイ・バス代表は、五年も前からこのことを主張し続け、ついにマクドナルド側に変更をさせることに成功しました。
 言い換えれば、夢を叶えたのです。
 マクドナルド側にとっては悪夢ですが。w

 悪夢を見させられたマクドナルド側は、「今回のデザイン変更は社会からの圧力により決定されたことで、十分な研究の結果、ハリネズミが入り込まないように再設計されたものだ」と、めちゃくちゃ当てこすってます。
 今回の改善が、月曜日の株価がどれだけ貢献するのか非常に楽しみです。

 「馬鹿の一念、岩をも通す」とでも言う今回のニュース、プラスに考えれば、この「あきらめない」という精神は非常に青春しています。
 甲子園や、クリスマスボウル。一つの目標に向かって邁進するその姿は、崇高で美しくさえあります。

 「日本をあきらめない」民主党 
 
 ・・・こいつらに限っては、とっとと日本から出て行って欲しいものですが。w

おもしろかったら、クリックで応援してね。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


posted by munimuni at 00:44| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「今回のデザイン変更は社会からの圧力により決定されたことで、十分な研究の結果、ハリネズミが入り込まないように再設計されたものだ」と発表
「だから値上がりしても文句は「ハリネズミ保護協会」の方に…」
と読めますw
Posted by A2 at 2006年09月03日 01:10
 >A2様

 いやいやいや、文句は当然マックに行くでしょう。
 世の中そんなに甘くはありませんよ。w
Posted by 管理人 at 2006年09月03日 01:49
このセンス最高です。
>英国ハリネズミ保護協会
やっぱりイギリスですか。
まじめなんだかふざけてるのか分かりにくい
ところがイギリスっぽいです。
5年もかけてオチを待つとはなんと辛抱強い。
Posted by at 2006年09月05日 07:45
  もしかしたら、アリとか、リスとかの保護協会がずらっと順番待ちしているかもしれませんね。

Posted by 管理人 at 2006年09月06日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。