2006年09月14日

植草教授、女子高生に痴漢で逮捕

tekagami.jpg 電車内で女子高生(17)に痴漢をしたとして、警視庁蒲田署は14日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、元早稲田大学大学院教授で名古屋商科大大学院客員教授、植草一秀容疑者(45)=港区白金台、写真=を逮捕した。

 植草容疑者は犯行時かなり酒に酔った状態で、「覚えていない」などと否認しているという。

 調べによると、植草容疑者は13日午後10時10分ごろ、京浜急行品川−京急蒲田間の下り快速電車内で、神奈川県内に住む私立高校2年の女子生徒の右斜め後ろに立ち、尻を触るなどした。女子生徒が「やめてください」と声を上げ、周囲の乗客2人とともに取り押さえ、京急蒲田駅で同署員に引き渡したという。

ソース

総評:
 大きく分けて、痴漢には二つの派閥がある。
 武闘派と頭脳派である。
 武闘派代表は、携帯で撮影をしているところを取り押さえられた時、最後の力を振り絞って携帯をたたき壊した、痴漢冤罪被害者ネットワークの会長である、長崎満氏。
 そして頭脳派代表は、証拠となる器具を用いず、己の頭脳に映像を焼き付ける事を得意とする植草氏である。
 
 彼は冤罪であることを最後まで主張していたが、結局「無実の証明を果たすことについての希望を持ちえなくなった」と、力尽きて罪を認め、この事件は終止符を打った。
 かにみえた。

 だが、奴は帰ってきた。
 品川覗き事件で逮捕されたとき、武器である手鏡を奪われてから二年。
 徒手空拳のみにてもなお、任務を達成しようとするその敢闘精神たるや、鬼神をも哭かしむるものであり、その誉れ、終戦後三十年近く戦い続けた小野田寛郎少尉に勝るとも劣らぬものである。

 頭脳派代表であった彼が、一体なぜ肉弾攻撃を主とする武闘派に転じたのであろうか?
 それほどまでに手鏡の喪失は彼にとっての痛手であったのか?
 それとも、前回の逮捕で頭脳派の限界を悟ったのか?
 氏の転向の理由には、深い謎がありそうである。
 
おもしろかったら、クリックで応援してね。
banner_04.gif

posted by munimuni at 23:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。