2006年09月30日

【韓国】大韓帝国皇室復活

シェアブログsekaiitibakaに投稿
kannkokukouzoku.jpg 日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室の子孫が、大韓帝国皇室の復活を宣言した。
 「大韓帝国皇族会」が29日、ソウル市内のホテルで大韓帝国皇位継承式を行い、義親王・李ガン(1877〜1955)の二女、李海ウォン(イ・ヘウォン)さん(88歳)を30代皇位継承者に推挙するとともに戴冠式を行った。
 皇族会はまた「文化大韓帝国」の総理大臣として孝寧大君(1396〜1486)の子孫に当たるイ・ガンム聖民大学総長を、秘書室長に南延君・李球(イ・グ)の末裔(まつえい)となるイ・ソンジュ氏を任命した。
皇族会は李玖(イ・グ)さん(29代皇位継承者)の他界などを契機に、大韓帝国の末裔ら10人余りを中心に結成されたもの。
 皇族会は「大韓帝国の皇室が日本により侵奪されて100年、祖国の解放から61年となるが、28代英親王・李垠(イ・ウン)の息子である李玖が昨年7月に東京で他界し、英親王家の血筋が途絶えたことから、李海ウォン氏を30代皇位継承者に推挙した」と説明した。
李海ウォンさんは女性として大韓帝国皇室を継承し、皇室の代表全権、皇室の維持保存事業権、31代皇位継承者指名権などを持つことになる。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/810066.html

総評:
 韓国で、日本の皇族に世継ぎが生まれたのを「うらやましい」と思っている機運があると言う事は聞いていましたが、まさかここまでやるとは思っても見ませんでした。
 
 彼らに、皇帝を宣言する覚悟があるのでしょうか?
 言動は常に国民の事を考え、模範となるべく立ち居振る舞いに気を遣い、言質を取られぬよう慎重に発言し、一挙手一投足が常に見られている存在である事をわかっているのでしょうか?
 天皇だから敬愛されているのではありません。
 上記のような、超人的な行動を示されているから敬愛されているのです。
 証拠に、日本人に「明日から皇族になるように」と言われたら、分別の付く大人なら、皆断るでしょう。
 大変なのわかっているから、尊崇の念があるわけです。
 浩宮様が結婚されるとき、辞退者が続出したのを知っているのでしょうか?

 また、皇位を継承するにしても、格式があります。
 車一つとっても、軽トラに乗って登場ってわけにはいきません。
 それに、そのお金はどこから?
 61年も忘れられていた皇族が、お金を持っているとは思えません。
 まさか、日本からの賠償金あてにしてるとか言うんじゃないでしょうね?
 "皇族会は、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画"だそうですが、あてにしてたら世界中から笑われますよ。
 国際法も知らないって。
 それで逆恨みとかしないで下さいね。

 それともう一つ。
 大統領のいる国に皇帝なんて現れたら、反政府組織認定されないのでしょうか?
 日本の皇族は憲法に立場を明記されていますが、61年も忘れ去られていた存在が、明記されているとは到底思えません。
 そもそもこの人達、本当に大韓帝国皇室の血を引いているのでしょうか?
 彼らの普段の行いを見ていると、かなり疑ってかかった方がいいような・・・

 まあ、よその国の事ですからどうでもいいんですけど、もし日本の宮内庁に「親交を暖めたい」との申し入れがあったらもう、

 「陛下、逃げてえぇぇ〜〜」

おもしろかったら、クリックで応援してね。
banner_04.gif

posted by munimuni at 01:54| 埼玉 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々な意味で、全てに於いて怪しさ大・爆・発!!!

日本で言うなら徳川家の子孫(徳川家の御子孫様へ。あくまで例えなんで許してくださいm(__)m)を名乗る人が「明日から徳川幕府を再興する!」と宣うのと同じですよ。

日本としては関わらないのが一番ですね。って言うかこっちに来んな!!
社民辺りが関わって面倒臭い事にならないことを祈ります(-人-)
Posted by 山羊の黒子 at 2006年09月30日 12:59
日本にも南朝の流れをくむと自称した『熊沢天皇』とかいましたがその類でしょうか?戦後間際に10人くらい現れたそうですw。
Posted by てーとく at 2006年10月01日 00:46
 >山羊の黒子
 くるんですよ〜、来るなっつっても連中、必ず来るんですよ〜。(TT)

 >てーとく様
 全部インチキだったら、笑えますな。
 あながち否定は出来ませんけど。
Posted by 管理人 at 2006年10月04日 00:51
この手の南朝天皇伝説はゲリラ戦を南朝側が行ったため蝦夷と琉球以外には存在してるとか。

1392年の明徳の和約後も交互に即位する約束を北朝が反故にしたためにその後も反幕府活動をつづけています。日本史において『後南朝』と呼ばれる存在で一時は神璽を奪い返したりしています。これらの活動は少なくとも応仁の乱までは行っていたようです。(山名宗全が『西陣南帝』として担いだ)
南朝正統論は水戸光圀の編纂した『大日本史編纂』にも見られ、そして平田篤胤の平田神道に受け継がれ、尊王の志士達の精神的な支柱となり、明治以降の国家神道へと受け継がれていくわけです。ただ明治天皇が北朝系であるためにいろいろと問題の原因にもなったりします。桂内閣時代に歴史教科書において南北どちらが正統かでかなりもめました。

ところでいろいろ調べたのですがフランスでもいまだにブルボン王朝復活論者が居たりしますし、ハンガリーの共産政権打倒にも王政復古を狙う勢力がからんでいたりします。(新国旗に王冠を入れるかどうかで何年ももめたらしい)
Posted by てーとく at 2006年10月04日 04:07
 王様って奴は、いない国からすると結構うらやましく見えるそうです。
 フランスでも、王様殺しちゃったのは早まったかなんて意見を聞いた事がありますが、王朝復活論者の意見だったのかな?

 昔は暴君がいましたが、今は暴君が許される時代ではないので、社会の視線から名君を演じなければならないので、必然的に好かれる存在になります。
 自分たちのボスとも言える存在が、理知的であったり、仁愛のある存在であれば自国民も誇れるでしょうし、周りからもうらやましく写るのは当然でしょうね。
Posted by 管理人 at 2006年10月07日 17:19
ロイヤリストってのにもいろいろあるようで王室を崇拝してるというタイプと君主制というシステムを支持している二つのタイプが居ると思います。
君主個人の存在が君主制維持の害になれば後者によって退位させられたり殺害されるケースもありえます。戦前の日本ですら昭和天皇を廃して弟宮をたてようと考えた連中がいます。

しっかしタイの王室は気苦労が耐えないでしょうね。なんで国王が民主主義守るために東奔西走しなきゃならんのか…。
Posted by てーとく at 2006年10月07日 23:29
 >てーとく様
 王制と、民主主義は本来矛盾するはずなのですが、王様が国民のために走り回るのでは、ますます王室が敬愛されるでしょうね。
 時代が変わって、王制が変質して、民主主義を守る最後の砦として機能するとは、昔の人は思っても見なかったでしょうね。
Posted by 管理人 at 2006年10月10日 23:47
バカという言葉がまさにあてはまる
Posted by at 2007年02月18日 18:28
 >名無し様
 なま暖かい目で見守って上げましょう。
Posted by 管理人 at 2007年02月21日 00:31
ウケるぅ(=^▽^=)

是非国民の象徴として活動して欲しいです☆ 決して歴史の捏造、文化のパクりをせず、火病を起こさないで下さい。
決して謝罪と賠償を要求しないで下さいね☆
Posted by at 2009年05月01日 14:00
これが真相だが上の記事はデタラメばっかだなw
http://ja.wikipedia.org/wiki/李垠

つーかドサクサにまぎれて皇族名乗ってるんじゃねーよw
Posted by at 2009年07月09日 03:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。