2006年11月19日

米航空機内で軍服姿の男、飛行中にドアを開けようと騒ぎ=乗員乗客144人は無事

シェアブログsekaiitibakaに投稿
oriruzo.PNG AP通信によると、首都ワシントンのダレス空港に向かって飛行していたロサンゼル発のユナイテッド航空890便(乗員6人・乗客138人)で、12日、軍服姿の乗客の一人が突然、騒ぎ出し、乗降用のドアをあけようとして、他の乗客に取り押さえられる騒ぎが起きた。米運輸安全局によると、同便は午後8時35分(日本時間13日午前9時35分)、予定通り、無事に目的地のダレス空港に到着、幸い負傷者など被害はなかった。

  同便に搭乗していたカリフォルニア州のケン・ウォルフェンバーガー氏はAP通信に対し、最初に乗員らと協力して押し倒し、同氏が足をつかんでいる間に他の乗客の1人が男を殴打した、と語った。その後、航空警察官が身柄を拘束したという。軍服に柔術の優勝者ワッペンをつけた男はドアの開閉ハンドルに手をかけたほか、拳を振りかざして、同乗者を威嚇していたという。

ソース

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif





posted by munimuni at 01:19| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。