2006年12月10日

酔っぱらって自転車に乗った男、妻が怖くて警察に嘘の証言

シェアブログsekaiitibakaに投稿
yopparaikinnsi.gif 泥酔して自転車に乗り、街灯柱に衝突してケガした男性が警察に対し、「数名の男に襲われてケガした」と嘘の証言をしていたことが明らかとなった。嘘をついた理由は妻に本当のことを知られたくなかったからだという。

この男性(30)は警察に通報、「帰宅途中に6人の男に襲われてケガした」と証言していた。

 ドイツ南部・シュワーバハ警察の広報担当者は、「この男性は当初、襲ってきた6名の内、2名を撃退したところ、路肩脇の茂みの向こうへ逃げていったと証言しました。ところが、茂みの後ろにはフェンスがあったため、証言が疑わしいと思ったのです」と説明している。

 結局、問い詰めたところ男性は嘘をついたことを認め、その理由について「妻が怖いから」と話したそうだ。

 男性は酒を飲んで自転車に乗った罪、および虚偽の証言をした罪に問われることとなった。警察はすでに男性の血液検査を済ませており、通報当時に酒を飲んでいたことを突き止めている。

ソース

総評:
 まるで、野々村真氏のような恐妻家ぶりです。
 確かに日本でも、飲酒して自転車に乗れば道交法に違反します。(スピード違反もあったりします。)
 しますが、「降りて帰って下さい」と言われて放免、と言ったところではないでしょうか。
 三十にもなって、こんな小学生のように嘘に嘘を重ねて大事に発展させてしまうとは、奥さんは旦那さんを恐怖による支配に成功しているようですが、この旦那さん後で「その罪は許し難い。死を持って償え!!」とかならないんじゃないかと心配です。

 夫婦円満の秘訣は、「旦那が奥さんの言う事を聞く事」とは言いますが、余り褒められた事ではないように思えます。
 別に、男性が女性の言う事に従っているのがどうこう言うのではなくて、一方がただ単に我慢しているだけだからです。

 とある政治家のぼやきですが、

 「あいつは俺に反対した事なんか一度もないんだけど、なんか最後はあいつが最初に言ったとおりのことを、俺がやってるんだよなあ」 

 奥さんは、旦那の操縦法を完璧に分かっているようです。
 この政治家も、あえて分かってないふりをして、男性の側から見てもニヤリとさせられる惚けっぷりです。 
 二人とも賢いからこそ出来る芸当ではありますが、「政治家だからこそ人を化かすのがうまい」と言わずに、既婚されている方は、二人してこの境地を目指して見てはいかがでしょうか?
 
おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif


posted by munimuni at 00:58| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。