2006年12月22日

サンタクロースになる、それは信じられないほど狭き門だった。

シェアブログsekaiitibakaに投稿
sanntakuro-su.jpg 毎年12/25には世界中でにわかサンタが現れるが、本物のサンタクロースとなるためには、信じられないほどの狭き門をくぐらねばならない事が判明した。
 本物のサンタクロース、グリーンランド国際サンタクロース協会の公認サンタクロースとして活動するには、

 《資格》
 @既婚。
 A子供がいる。
 B体重【120kg】以上(衣装・装飾品・装備含)でサンタクロースに相応しい体型。
 C毎年7月にデンマーク開催【サンタクロース会議】に出席可能。
 D会議出席時は自宅から会議場まで【サンタクロース】の格好を貫く (途中で脱ぐコトも駄目)。
 E他国【サンタクロース】と円滑な交流が出来る。
 F【サンタクロース】としての実績。

 既婚、子供がいると言う時点で、簡単なようで難しい資格である。
 この辺は縁というものが絡んでくるため、人によってはものすごく早かったり、一生無理だったりといかんともしがたいところである。
 ただ、既婚者であっても別居しているとか、書類の上だけでは不可とか、具体的なところにまで踏み込んでこないのは、ファンタジーな存在故だろうか?
 
 体重120kgというのも、日本人としてはかなり厳しい制限である。
 それなりに身長がないと無理だし、第一120kgもあったら嫁さん探すのも一苦労である。
 そして、この資格が後々響いてくるのである。

 CDEに至っては、日本からでは絶望的である。
 飛行機代はボーナスの時期と重なるため何とかなるが、7月にあんな格好したら、成田で倒れます。
 しかも治療を受けるため、脱がされたら即アウト。
 つまり、デンマークまでの飛行機代を苦にせず、移動中はクーラーの効いた車で送迎される、かなりの富裕層でしかも数カ国語を操れるインテリでないと、サンタクロースを志す事自体が無理なのである。

 ここまで書いたのは、あくまでも受験資格である。
 日本のお父さん、お母さんがプレゼント買ってすませる気持ちが痛いほど分かる。
 サンタになるのは、ハードル高すぎ。
 しかも、ここから過酷な試験を経て、初めて本物のサンタクロースとなれるのだ。

《試験》
 @英語orデンマーク語で会話をし、サンタクロース公用語【HO!HO!HO!】の発声と会話。

 言っちゃ悪いが、デンマーク語なんてローカル言語しらねーよ!!
 おそらく英語で会話という事になると思うのだが、配点がサンタクロース公用語が80点くらいで手を打ってくれる事を切に願う。

 そしてここからが本番。
 体重120kg以上で、結婚してて子供もいて、インテリで金持ちで社交的で、家からサンタクロースの格好で押し通せる根性の持ち主が、挑むのは!! 

 A煙突の在る家迄贈り物を抱えて50m程度走って煙突から居間に入り、
  サンタクロースの為に用意された大量の【クッキー】【ミルク】を完食してから再び煙突を登って走って戻る競争の優勝者

 ふざけんなーーー!!

 デブにとんでもねー事させんじゃねーよ!!
 50m走っただけで汗だくなのに、屋根の上に登って煙突降りて、クッキーミルク食って、又煙突登って帰ってきて、しかも優勝しなければ又来年とは、

 殺す気かーーー!!

 サンタ違うよ。
 精神的にも責められる、トライアスロンだよ。
 デンマーク人遠くから、( ´_ゝ`)プッとか笑うイベントじゃないだろうな。
 これが街おこしだったら、企画者は相当の策士だ。

 世界中からサンタが、この町に金を落としにやってくるよ!!

 「サンタさん、ありがとう」って、(#゚Д゚)ウォイ

 追記
 信じられない事に、サンタクロースになったスーパーマンが日本にも一人いるらしいです。

 ソース

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif




posted by munimuni at 01:42| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こないだのタモリ倶楽部(脚立の回)に出てましたね。日本唯一の公式サンタ。
名前は忘れましたがミュージシャンだった気が。
Posted by 三太郎 at 2006年12月22日 09:26
ありました!パラダイス山元さんでした。

ttp://yaplog.jp/santa/2
Posted by 三太郎 at 2006年12月22日 09:29
ドルフ・ラングレンだったら、各種の装備をつければ120キロくらいになって、しかも、
>A煙突の在る家迄贈り物を抱えて50m程度走って煙突から居間に入り、
  サンタクロースの為に用意された大量の【クッキー】【ミルク】を完食してから再び煙突を登って走って戻る
をまっとう出来そうです。
Posted by DUCE at 2006年12月22日 15:32
 >三太郎様
 ありがとうございます。
 早速、相互リンクねだってきます。w

 >DUCE様
 確かにマッチョ系の人だったら、結構こなしてくれそうですね。
 結構見応えがありそうなので、鉄人レースでこういった種目作ってくれないかな?
Posted by 管理人 at 2006年12月24日 23:27
しぬほど笑いました。
会社なので必死にコソコソ
Posted by まきこ at 2006年12月25日 10:36
 >まきこ様
 笑って頂けて何よりです。
 どこからアクセスされているのか見た事があるのですが、とある不動産会社のホームページから数十人が来ていた事がありました。
 その会社全員に広まってしまったのかと、ちょっと驚いた事があります。
Posted by 管理人 at 2006年12月26日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ファンから流出!!〜鈴木亜美が生き残れた理由〜
Excerpt: 82年2月9日、神奈川県生まれ。人気テレビ番組『ASAYAN』のオーディションでグランプリ獲得、98年に小室哲哉プロデュースのもとデビュー。押しもおされぬビッグ・アイドルに。好奇心にみちた瞳、きり..
Weblog: 鈴木亜美 お宝動画&画像満載!!
Tracked: 2006-12-23 12:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。