2007年01月07日

【残業代ゼロ】 安倍首相 「日本人は働きすぎ。少子化対策にもホワイトカラー・エグゼンプションは必要」

シェアブログsekaiitibakaに投稿
abesinnzou.jpg 安倍首相は5日、一定条件下で会社員の残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを持っている方も多いのではないか」と述べ、労働時間短縮につながるとの見方を示した。さらに「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」とも述べ、出生率増加にも役立つという考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「家で家族そろって食卓を囲む時間はもっと必要ではないかと思う」と指摘。
 長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。

 ただ、連合などはサービス残業を追認するもので過労死が増えるなどとして導入に猛反対している。このため、夏の参院選をにらんで与党内でも慎重論が広がっている。

 しかし、首相は通常国会への法案提出については「経営者の立場、働く側の立場、どういう層を対象にするかについて、もう少し議論を進めていく必要がある」と述べるにとどめた。

ソース

総評:
 こいつ、馬鹿じゃねえのか?

 タダでも働かないと首になるからって、みんな我慢してサービス残業してんじゃねーか。
 誰が好きこのんで夜遅くまで会社にいたいっつーんだよ。
 だいたいね、厳格に労働基準法守ってる会社なんてあるのか?
 「労働基準法はあるけど、うちは違うのでやってます」
 平然とこういう事いう経営者が大半だろ?
 じゃあ、他行って良くなるか?っていうと、良くもならないし、行けもしないから仕方なくそこにいる。
 みんな辛くて辛くて仕方ないってのが現状じゃないのか?
 
 経歴見たんだけど、ボンボンの生まれで、社会人経験は1979年〜1982年のたったの3年ちょい。こちら。
 しかも、その時って景気の谷から山を登って下りる一番いい時じゃねーか!!こちら。
 そりゃー、残業代だって満額でるだろうし、コネで入ってりゃおろそかにはされないわな。
 そんなんで世の中分かった気になって、「ホワイトカラー・エグゼンプション」ですか、おめでてーなオイ。

 だいたいさ、安倍首相が支持されたのって、小泉首相の愛弟子みたいなイメージがあったからじゃない?
 国民としては、「小泉首相がやった改革を引き継いで、日本を良くしてくれる」、そう思ったから支持したわけでしょ?

 余計な事すんじゃねーよ、アホウ!!

 そもそも、最初からおかしかった。
 「造反組にお帰りなさいと申し上げたい」と言い始めたあたりでみんな「???」となり始めたと思う。
 それから一気に、

 契約社員らの正社員化規定を削除…労働契約法素案
 "ニート・フリーター支援のはずだったのに…" 「再チャレンジ支援税制」 ニート・フリーターを除外
 そしてとどめは、ホワイトカラー・エグゼンプション。

 小泉首相が辞めたとたん、経団連よりの政策が目白押しって、支えきれなかったってだけじゃん。

「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」

 しかもさすがボンボン、宦官(経団連)に言いくるめられて、善政を敷いていると思いこんでいます。w

 昔、中国にさ、政治をまったくしない二代目がいたんですよ。
 で、たまりかねて大臣が「どうして政治を行わないんですか?」って聞いたんです。
 そしたら二代目が、
 「お前は、私が父より戦の才に長けているとおもうか?」
 「いえ、恐れながら。」 
 「では、経済に明るいと思うか?」
 「いえ、恐れながら。」
 「ならば、人心の掌握については?」
 「恐れながら、お父君の方が上かと」
 「だから何もしないのだ。いま、見ている限り父のした政にほころびはない。ならば才に乏しい私が手を加えては、返って害悪になろう。」
 大臣は恐れ入って退出したという。

 この二代目は頭良いですよ。
 自分の力というものを分かってます。
 変にやる気のある二代目は、独自路線を歩もうとしてひっちゃかめっちゃかにしてこんがらがって、手に負えないって分かって投げ捨てて逃走。
 この政権は、この臭いがぷんぷんしてますよね。
 就任して4ヶ月ちょいでこのざまじゃ、「長い目で見て」なんて悠長な事言ってられません。
 こうなるまえに、手を打たないと。

porunarefu.GIF

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif


posted by munimuni at 01:49| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでは、まだ新年の挨拶をした記憶がないので、まずは新年明けましておめでとうございます。
たしかにこの件では安倍総理はあほな考えですな。別段、労働者が不必要に仕事をでっち上げて、超過勤務手当を追求している訳ではないんですよ。だいたい会社のほうだって、経費削減を意図しているのに、無制限に超過勤務を認めるはずないじゃないじゃないですか。ただで済ませることができれば話は別でしょうがねぇ。
Posted by DUCE at 2007年01月07日 10:59
そもそも少子化対策の為ならこの法案より労働基準法違反の厳罰化・適用強化の方がいいと思いますよねえ。それでも金銭的な事情で控える人も沢山居ると思います。
労働時間の決定権が労働者に移されると長時間労働が原因による労災の責任を会社側が負わなくても済むわけですし。世の中にはクライアントの都合で残業を余儀なくされるケースも多々あります。やらなきゃならない仕事をほっぽり出して帰るわけにもいきませんし。

経済成長を目指すのはわかるんですが、そもそも経済成長ってのは国民の生活を豊かにするための『手段』であって、経済成長の為に国民に無意味の負担を押し付けるのは本末転倒な気がします。
Posted by てーとく at 2007年01月07日 14:51
うーわー・・・えーと何かなこれ。

まぁ実際今現在残業手当もろくすっぽ出さず労基法ナニソレ?な会社も多いよなぁ。

以前勤めていた会社は基本13時間3時間休憩、忙しければ休憩無し。月給だが人件費計算用等で出てきた基準労働時間は8時間扱い、超過手当分は1時間まで。要するに毎日1〜4時間のタダ働き。さらに労働時間に含まれない会議が休日問わず行われ大体月4回程度で1回約1時間半。

飲食、調理の労働条件としては珍しくもないこの状態を一例としてもここからただ残業手当を抜くだけで何が変わると言うのか?

・・・・・むしろ耐えられずニートが増えたりしてな。
Posted by そこらへんのひと at 2007年01月08日 02:14
いつも冷静でクールでお上品な世界一さんが荒れてらっしゃいます。よっぽどバカだったんですね・・。
Posted by まきこ at 2007年01月09日 13:42
 >DUCE様
 見てる世界が、役人の世界だけなんでしょうな。
 あそこは予算使い切るためには、無駄な事平気でしますから。

 >てーとく様
 時間になったら仕事ぶん投げて帰っていいなら、誰も苦労しないんですけどね。
 見当違いな認識をベースに政策決められても迷惑なだけですよね。

 >そこらへんのひと様
 私が勤めてたとこは残業代なしで、長く残れば会社に貢献してると考えるバカ係長のおかげで大変迷惑しました。
 法律新しく作るより、労働基準法を徹底させれば余計な事はしなくていい、ただそれだけの話なんですよね。 

 >まきこ様
 たいていのバカには免疫がついていたつもりでしたが、久々に激怒してしまいました。
 お恥ずかしい。
 
 >いつも冷静でクールでお上品な世界一さん
 
 これはちょっと褒めすぎですよ。
 でも、ありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2007年01月14日 00:32
世間知らずのぼんぼんが、優しいおじさんに、
「はーいボクちゃん、みんなにこう言いなさいね」、と言われて、何にも考えないで言ってしまった、てな感じですな。

Posted by アイムザパニーズ at 2007年01月15日 03:30
 >アイムザパニーズ様
 まさにドンピシャな比喩です。
 それ以上に的確なたとえはないでしょうね。
Posted by 管理人 at 2007年01月15日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。