2007年01月26日

携帯と信じて盗んだソレはGPS…居所、速攻でばれ

シェアブログsekaiitibakaに投稿
gps.gif 米ニューヨーク州で、町の道路清掃車などが置かれたガレージから、衛星利用測位システム(GPS)機器14台が盗まれた。だが、これらの機器はその所在地が即座に分かる仕組みで、警察はすぐに犯人3人の居どころを突き止めた。

 警察が踏み込んだ家には、機器を手にした46歳の男が。盗みを実行した13歳の息子と、その知人とともに訴追された。

 3人は、盗んだのは携帯電話だと信じており、GPSとは知らなかったという。

ソース

総評:
 この事件、捜査している警察としては、ものすごく楽な事件だったでしょうね。
 ただそこに行けばいいだけですから。
 おそらく現場では、

 「こちら1号車。バカを発見しました、どうぞ。」
 「応援が行くまで、泳がせておいて下さい。どうぞ。」
 「バカはトイレに入ったようです。しかも大。どうぞ。」

 「いまだ、サイレンを鳴らせ!!」

 「バカ、ズボンを上げきらないで出てきました。あっ、今転びました。」
 とかまあ、こんな感じで楽しみながら追跡してたんじゃないかと。
 
 結局この事件、GPSのおかげでスピード解決したわけですが、13歳にして犯罪に加わるとは、GPSだけに"お里が知れる"ということになってしまったと言うわけです。

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif


posted by munimuni at 00:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。