2007年02月10日

女性宇宙飛行士、恋敵1350キロ車で追跡し誘拐未遂

シェアブログsekaiitibakaに投稿
oneamisunotubasa.JPG 昨年7月、スペースシャトル「ディスカバリー」でロボットアームの操作を担当したリサ・マリー・ノワク大尉(43)が5日、恋する宇宙船の機長に愛人ができたと邪推し、テキサス州ヒューストンからフロリダ州オーランドまでの1350キロを車で追跡、恋敵を見つけると、ナイフで脅して車から引きずりだそうとして、地元オーランド警察に誘拐未遂の現行犯で逮捕された。

 追跡中はトイレに行かなくてすむよう、宇宙飛行士が打ち上げ時などに使う、おしめをつけ、変装用のカツラ、トレンチコート姿。小型の銃や目つぶし用のスプレーまで用意していた。

 有罪なら最高で終身刑。NASAの幹部も前代未聞の事件に仰天。

 輝いていた頃とはあまりの変わりように、AP通信はこの2枚の写真をセットで世界に配信した。(夕刊フジ特電)

ソース

総評:
 さすが元宇宙飛行士。
 天文単位(太陽と地球の距離。1億4959万7870km)とかパーセク(1パーセクは3.26光年に対応し,約31兆km)とかの単位の世界に生きている人、1350キロなんて距離のうちに入らないのでしょう。
 
 しかも彼女、ちゃんと宇宙飛行士としての経験も生かしています。
 船外活動(地球は宇宙船の外だからね)にそなえたのか、おしめを装着し、変装セットから目つぶし銃と、恐らく敵性宇宙人に対応する装備まで持って行く入念さ。
 おそらく車には、恋敵を拿捕するマニュピレーターが装備されていたに違いありません。

 そして恋敵を見つけると、ナイフで脅して車から引きずりだす果敢さ。
 「マニュピレーターどこ行った?」とか突っ込んではいけません。
 これが最適な判断なのです。

 むかし毛利さんは打ち上げられたときの状況を、「宇宙は二日酔いに我慢できれば行ける」と言うような事をいっていたと思いますが、それは間違いなく謙遜です。

 宇宙は死と隣り合わせの環境です。
 船外活動というと、"宇宙遊泳できて楽しそう"と思われがちですが、実は即死する可能性があるのです。
 それは、衛星軌道上を何百キロという速度でゴミが飛び回っているからです。
 微少なゴミでもそれだけの速度になりますと、当たると即死という事態を引き起こすのです。

 この写真をご覧になれば、いかに宇宙が過酷な環境であると言う事がおわかり頂けるでしょう。

samari-nowaku1.JPG
     宇宙に行く前

samari-nowaku2.JPG
      逮捕時

 こんなに変わっちゃうんです!!

 つまり、宇宙飛行士はそのような環境に耐えられる肉体と精神力、そしてとっさの判断の出来る頭脳を持った人が選ばれるというわけです。
 それが彼女であり、1350キロなのです。

 そんなエリートな彼女もさすがにスポンサー(政府)には勝てないらしく御用となってしまいましたが、宇宙関係者だけあって捕まったときの様子はこんなだったのでしょうか?w

utyuujinnhokaku.jpg 

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif




 面白いという人と、つまらないという人まっぷったつに評価が割れますが、管理人はもうおかしくなってしまうくらい大好きです。
 買わなくていいので、週末予定のない人はレンタルしてみて下さい。
 そして感想をコメントに書き込んでもらえたら、もう脱糞しちゃうくらい喜びます。w

posted by munimuni at 00:29| 埼玉 ☁| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして
もるもオネアミスのファンで
内容も絵も音楽も大好きですが
これをBGMとして使用したら
森本レオの声もあわさって
快眠を得られる効能があります

機関車トーマスに匹敵する快眠グッズです
Posted by もる at 2007年02月10日 08:45
うは〜(・∀・)宇宙ってすごい!それに耐える人間もすごい!こんなになるなんて…いや〜凡人には分かりませんな!
Posted by 珍遊人 at 2007年02月10日 15:45
 >もる様
 森本レオのあの力抜けたような声ははまってましたね。
 私は冒頭の「いいことなのか、悪い事なのか分からない」で始まる語りの部分が大好きです。

 >珍遊人様
 宇宙飛行士って、どうすればなれるかすら分からない職業ですからねえ。
 すごすぎて、そのすごさがいまいちピンと来ません。
 30年後くらいには、「いつでも行けるくだらない場所」になっていたら良いですよね。
 (オネアミスの翼のセリフに、こういうのがあるんですよ。)
Posted by 管理人 at 2007年02月10日 18:58
ただただ、この下手人の変貌振りは仰天物です。
ヽ(ill゚д゚)ノ  アンビリバーボ
Posted by DUCE at 2007年02月10日 19:57
皆、逆に考えるんだ。
宇宙にいったからおかしくなったと。
Posted by スィルク・パルメ at 2007年02月11日 14:27
おもしろいコメントでした。
ワンクリックしていきます!!
Posted by ふくはら at 2007年02月11日 22:12
 >DUCE様
 まあ、この写真は宇宙から帰ってきた直後の写真ではないので、純粋な変貌を現しているわけではないのですが、このわかり様は記者も驚いていたようですね。
 何があったんでしょう。

 >スィルク・パルメ様
 確かに宇宙に行くと、人は神の存在を感じたりとかするそうですね。
 彼女の場合は、悪魔でも見たのでしょうか?

 >ふくはら様
 どもです。^^
 今後ともよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2007年02月11日 23:36
はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
わたしも昔オネアミスでうれションしかけました。
その後すすめて「つまらんかった」と言われたことが
何度もありますが(やっぱり)。

シロツグの、
「ちいさい、ちいさいなぁ〜!」
という台詞がダイスキです。
普段、頭の中でこっそり多用してます。

森本レオの声だからよかった。
当時レオの顔知らなかったので、
こんなステキな声の人いるんだ〜と思った、
若かった…。
Posted by dokuninjin at 2007年02月16日 17:42
宇宙に行ったから老けたわけではないかと…
Posted by 夜光虫 at 2007年02月17日 02:53
 >dokuninjin様
 私も友人にすすめて、つまらんと言われた事があります。
 ショックでかいですねえ、あれは。

 >「ちいさい、ちいさいなぁ〜!」という台詞がダイスキです。

 リイクニに影響されたシロツグが、みんなの前で演説をぶつシーンですね。
 マティがこいつおかしくなったと言うようなゼスチュアしていたのが笑えました。
 私は、シロツグが将軍と、
 「お前野のその目には何が見える!!」
 「女のケツ」
 「お前の目は節穴だ」
 ってシーンが好きです。

Posted by 管理人 at 2007年02月18日 13:45
 >当時レオの顔知らなかったので、こんなステキな声の人いるんだ〜と思った、

 確かにキャラと声がベストマッチでしたよね。
 これ以外考えられないってくらい好きでした。
 その後の疑惑がでたときの、私のへこみようと来たら。orz

 >夜光虫
 その辺はボケでやってますので、笑ってスルーして頂ければと思います。^^;;
Posted by 管理人 at 2007年02月18日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33317824

この記事へのトラックバック

ディスカバリーネットはじめました。
Excerpt: ■ディスカバリーネットはじめました。 ディスカバリーネットって名前を聞いて、もう
Weblog: 在宅ワーク・副業ビジネス・内職のことなら稼げるディスカバリーネット
Tracked: 2007-02-11 01:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。