2007年02月16日

コインランドリーで朗読イベント開催 ニューヨーク

シェアブログsekaiitibakaに投稿
shinoroudoku.jpg ニューヨーカーはコインランドリーで洗濯物がぐるぐる回るのを見ながら詩や散文の朗読を聞くことができる。

 洗濯待ち中の退屈を紛らわすために読書に没頭したり近くの喫茶店に足を向けたりする代わりに、ニューヨークの作家エミリー・ルービンは、コインランドリーを会場に「ダーティ・ランドリー: たくさんの話」と題した朗読イベントを開催した。

 「洗濯と文芸をミックスするのは私には自然なことです。なぜなら作家らしく比喩表現を使って言えば、人生においては誰でも汚れ物を持っているのですから」と、昨年からこのイベントを続けているブルックリン育ちのルービンさんは言う。

 彼女は朗読イベントをしようと会場を探し、近くの店などをあたっていたが、コインランドリーが「ぴったりだ」と思ったそうだ。

 人々は詩や短い散文の朗読を聞きながら汚れた洗濯物を洗うことができる。ただ朗読を聞きに来るだけでもいい。2007年第一回の会では、人々が乾燥機と洗濯機に洗濯物を詰め込むなか、作家のキャロリン・タージオンさんが自分の作品を朗読した。

 「肩の張らない感じだし、朗読は普通にやっていることの一部なんです」と、彼女は言った。また、コインランドリーは他の会場ほど混雑したりわざとらしい感じがしたりしないとも。
「自分が自然な環境の一部みたいに感じられるの」と、タージオンさんは説明した。

 2000年にスコットランドのエディンバラからニューヨークに引っ越してきた作家のマリー・カーターさんは、ふつうは退屈な場所であるコインランドリーで人々を楽しませるというアイデアが気に入っているそうだ。

 朗読イベントに出席した人の一部は、最初すこし変な感じがしたが次第に慣れてきたそうだ。
「ちょっと変な感じだったね。自由っていうか」と、ある人は言った。

 ルービンさんは自らを「ランドリーのミストレス」と呼び、さらにニューヨーク各地のコインランドリーで朗読会を企画中だ。

ソース

総評:
 何というかこういう事を申し上げるのは大変失礼だというのを重々承知で申し上げますが、・・・おばさん、よそで断られ続けて流れ流れてたどり着いたのがここだったという話ではないのでしょうか?

 だってさ、「朗読イベント会場を探し、近くの店などをあたっていたが、コインランドリーが「ぴったりだ」と思った」って、この「ぴったりだ」って言うところに負け惜しみ感がひしひしと伝わってきているような気がするのは私の気のせいでしょうか?

 しかも、「洗濯と文芸をミックスするのは自然なこと。人生においては誰でも汚れ物を持っているのですから」ってあたりのこじつけがポエマーの面目躍如であり、この人相当勝ち気な性格の人と見ました。w

 また、2007年第一回の会で朗読した作家のキャロリン・タージオンさんは、「自分が自然な環境の一部みたいに感じられるの」と、独特の感性を披露。
 ここまでコインランドリーの中が気に入られちゃ、場所を貸したコインランドリー屋は、世界一幸せなコインランドリー屋といえるでしょう。

 別に私はこの人達にケチをつけているわけではありません。
 本当にコインランドリーの中がいいというのでしたらその感性はいまいち理解できませんが、自分の作品を世の中に発表したいと言う衝動を抑えきれずにこういった形での発表となったのでしたら、十分に理解できるからです。

 しかし残念ながら、コインランドリーは音がうるさくて朗読をするのにふさわしい場所とは思えません。
 しかも、一時に来るお客さんは、そう多くはないでしょう。
 ただ、退屈なコインランドリーで人々を楽しませようという彼女たちの気持ちはすばらしいと思います。
 
 ここで提案。
 これに似たようなサービス、思いつきませんか?
 そうです、日本が誇るオタ文化の結晶とも言える、メイド喫茶のサービス「ハンバーク+詩の朗読」です!!
 これはハンバーグを頼むと、食べている間、メイドさんが隣で詩の朗読をしてくれるというサービスです。

 それがアメリカに伝わっていく途中でコインランドリーになってしまいましたが、日本人だって中国人は人民服着てるとか、サンコンは日本に来たとき、チョンマゲしてる人がいなくてとまどったとかやってますので、その辺はドンマイって奴です。

 この文化の正統をふまえるのでしたら、彼女たちはまずメイド服を着る事をお薦めします。
 さらに欲を言えば、卑猥な事を言ってくれると人気は爆発的にあがる事が予想されますが、拒否される事も十分に考えられます。
 彼女たちはあくまでもポエマーであって、風俗嬢ではないのですから。
 ですので、ここは魚の名前を呼んで貰いましょう。
 そんな事言わせてどうするんだって?
 いるんですよ、
 
 魚の名前を聞くとエクスタシーを感じる人が。
 
 その人、風俗嬢を兄ちゃんに見立てて、魚の名前をおねだりするんだそうです。
 「ねえ兄ちゃん、イワシは取れた?」
 「ああ、取れたよ」
 「サバは?」
 「サバも捕れたよ」
 「ねえ、大漁?兄ちゃん、今日は大漁?」
 「ああ、大漁だよ。いっぱい魚が捕れたよ」
 「大漁いいっ!!大漁いいーーっ!!」

 ・・・・・・・・・さかな君か?この客。w

 千里の道も一歩から。
 こういうコアな客を大事にして地道に活動していけば、いつの日かきっとニューヨークのカーネギーホールでのライブが叶うのではないかと思います。
 頑張れ、エミリー、キャロリン、マリー、夢を掴むその日まで!!
 
 とか、無責任に書き飛ばしたけど、本当に途方もない事が実現する事があるんですよね。
 あの国、アメリカンドリームがあるから。
 コインランドリーから、カーネギーホールへ。
 書いてるうちに、見てみたくなってしまったアメリカンドリームです。 

 ・・・俺もアメリカ行って、この記事朗読してこようかな。w

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif


posted by munimuni at 01:07| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何がバカなのか理解出来ません。
ならば、路上・地下鉄ライブもバカですか・・・
Posted by たま at 2007年02月16日 05:57
食ってる時に詩を朗読されても…
食事、詩、共に味わう気分になれません…

まったくな静寂でもなく
単調な音のするコインランドリーだからこそ
一言一言の言葉の意味を噛みしめる気分になるのかも?ですね。

私はなんとなくコインランドリーを選んだ理由が
わかります。
Posted by 夜光虫 at 2007年02月16日 06:12
あんなうるさい所で、詩の朗読ですか・・・・。
「西川のりお」か「島田洋七」なみの馬鹿でかい声としつこさがなければ、きっと作者の声は「聴衆」には届かないでしょう。
Posted by 鬼作 at 2007年02月16日 10:18
 >たま様
 創作物を発表すると言うのは結構なのですが、常時洗濯機や乾燥機の騒音に邪魔されて聞こえない場所を、朗読する場所に選んだというのがアレなわけです。 
 もし路上や駅前でやっていたと言うのなら、私もガンバレと言って終わったというわけです。

 >夜光虫様
 私がイメージしているコインランドリーが、日本だからいけないのかもしれません。
 暑いし、うるさいしで、利用するときは周りを散歩してくるという使い方をしているもので。

 >鬼作様
 彼女達は、人が来るところを狙ったとは思うのですが、朗読中に人が来れば聴衆の邪魔になるし、洗濯機の音に負けじと声を上げれば情感が損なわれるしで、場所の選択としては最悪だと私も思います。
Posted by 管理人 at 2007年02月16日 23:07
私も日本在住です。。。
コインランドリーの音って洗濯中の「バサッ…バサッ…」っていう、イメージだったんですが違っていましたか?
私は単調なリズムで瞑想に入りやすいと思っただけなんで、違うイメージを持っておられるなら、それはそれでOKです^^
Posted by 夜光虫 at 2007年02月17日 02:43
前衛芸術の香りがしますね。やってきた人の声も洗濯機の音も詩の一部とか。
ジョン・ケージの「4分33秒」みたいにw
Posted by てーとく at 2007年02月17日 18:42
「芸術とは一般人には理解できないもんなんです。」
・・・・・質問したらこういう回答がきそうですね
Posted by スィルク・パルメ at 2007年02月17日 23:59
 >夜光虫様
 私の家の近くのコインランドリーは、ゴウンゴウン、とバサッバサッですね。
 洗濯機、乾燥機が必ずあるので、暑いし狭いし、うるさいしで三拍子そろってますよ。

 >てーとく
 「無音の」音楽、「4分33秒」ですか。
 「この曲は、いわゆる「無」を聴くものというよりも、演奏会場外のさまざまな雑音、すなわち、鳥の声、木々の揺れる音、会場のざわめきなどを聴くものとされている。」そうですが、騒音の朗読では気が散って理解出来そうにないですね。

 >スィルク・パルメ様
 「芸術とは一般人には理解できないもんなんです。」

 じゃあ、バカにされても仕方ないですね、って喧嘩みたいになってしまいますね。
 科学なら効用が広まってくれば凡人にも理解出来ますが、芸術が一般人にも理解出来るようになるのは後どれくらいかかるんでしょうか。
Posted by 管理人 at 2007年02月18日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。