前の記事 TOP 次の記事

2007年02月21日

【韓国】移動中のF-15Kのタイヤがマンホールに落ちて右側翼が破損

シェアブログsekaiitibakaに投稿
F-15K.jpg 空軍のミスで1機=1000億ウォン(約120億円)の最新鋭戦闘機F−15Kの翼が破損、空軍が修理方法について頭を悩ませている。軍消息筋が19日伝えたところによると、今月9日、大邱(テグ)空軍基地でF−15K1戦闘機を移動させる途中、
右側のタイヤがマンホールに落ち、右側の翼が破損した。

 同事故は、機尾の部分から移動させようとして、胴体を回す過程で発生した模様だ。同筋は「滑走路から格納庫まで表示されている黄色のラインに沿って、戦闘機を動かすべきだったが、ラインをはみ出して動かしていたようだ」とし「翼が完全に折れたかどうかは空軍の保安維持のため確認できない」と述べた。

 戦闘機を格納庫に移す過程でタイヤがマンホールに落ちる事故はほぼ起きないというのが軍関係者の説明。空軍側は翼を修理する案をめぐって頭を悩ませているものとされる。米ボーイング社で組み立て、空中で給油を受けながら太平洋を渡ってきた事故機を米国に運べる妙策がないからだ。そのため空軍側はボーイング社に技術者の派遣を要請する案を検討中だという。(※

ソース

総評:
 一体、何という格好の悪さ。
 ビシッと決めたらチャック全開を遙かに超えた話です。

 軍隊なんて冷静に考えれば、いつ死んでもおかしくない職業。
 それをごまかすためにいかにして格好良く見せようかと苦心している横で、飛行機の花形機種、それも最高クラスのF-15(120億)を、飛ぶ前にマンホール(75000円)に落っことして壊しましたじゃ見方を変えれば豪儀な話ですが、上層部はおそらく泣いているでしょう。
 もしこのマンホールの蓋を取っておいたのが、北朝鮮の工作員でしたら大金星でしょうね。(そこまで忍び込めるなら、普通に壊せよと思いますが。w)
 
 確かに軍隊と言うところは中の人が桁外れに多いため、それに伴うマヌケなミスは多々あります。
 旧日本軍も100tの超大型戦車を練兵場だかで動かそうとしたが、その重さのため校庭をもりもり掘り返し(キャタピラは地面にすごく食い込む)、校長先生にえらい怒られたとか、イギリスはダンケルクの戦いでドイツ軍にめちゃくちゃにやられ、真っ青になった上層部が水道管切って槍にして、本土決戦用兵器にしようとしたりだとか、米軍がヨーロッパに上陸したとき、ドイツ軍の偽米兵が攪乱工作をしたため疑心暗鬼に陥り、アメリカ人しか知らないクイズを出しあって答えられなければ即拘束とかやってたら、将軍まで捕まえてしまったとかいろいろとあります。

 こういった逸話がある国は、ある意味軍事大国だからこそと言えるわけで、このネタで韓国はめでたく軍事大国入りを果たしたと思うのですが、韓国の皆さんは誇らしく思ってらっしゃるでしょうか?w

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by munimuni at 00:24 | 埼玉 ☔ | 日記

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa