2007年08月14日

なぜ、ここに!?――英国最高峰のベンネヴィス山頂に「ピアノ」

シェアブログsekaiitibakaに投稿
guranndopiano.jpg 世界中の登山家に人気の山々では、以前から彼らが捨てていくゴミの問題が深刻化してるそう。そういえば以前コジマが書いた記事にも「(エベレストは)世界で最も高いところにあるゴミ捨て場」という冒険家・植村直己さんの言葉が引用されていました。高峰に挑む姿はチャンレンジャーとして素敵だけれど、自分のゴールだけに心を奪われて、環境への配慮はまったく無視といった一部の登山家の態度は、本当に残念な話です。日本を代表するクライマーである野口健氏は今までに計4回のエベレスト清掃登山を決行しているそうですが、まだまだ残されたゴミは回収しきれていないそう。

 ところでこれらゴミの山、小さいもので食料の包装紙、大きいものでテントや酸素ボンベなどがあるそうです。しかしこの度スコットランドのベンネヴィス山頂付近で見付かったものは、その大きさもさることながら、アイテムとしても有り得ない類のモノだったとか。英国最高峰として知られるこの山で見付かったのは、なんとピアノ。

 この山の環境保存活動をしているチャリティ団体がゴミ掃除活動の間に見つけたもので、すでに残骸と化していたものの、どうやら20年近くここにあったと推測されています。一体だれが、何のために山の頂上までピアノを運んだのか、今そのナゾが話題を呼んでいるのです。

ソース 

総評:
 「どこのバカだ、こんなでかいもんわざわざ山頂に捨にてくるなんて」、と思いましたが、なんかちょっとこの捨てた人の心理がわかるような気がします。

 まず、ピアノなんてでかい物を捨てるって事自体に良心の呵責があるのは当然です。
 となると、人目のつかないところに捨てようとします。
 でもですよ、ここに心理的な不安があるわけです。
 まず最初、普通にゴミ捨て場に捨てようとして、当然近所のおばさんに注意されるわけです。
 これがトラウマ。
 で、仕方なく車にピアノを積んでその辺をうろうろするわけですが、ホテルのゴミ捨て場にそっと紛れ込ませようとして、包丁持ったシェフがでて来て追っかけられるんじゃないかとか、その辺の道ばたに捨てようとしても、誰かが見ているんじゃないか?
 それどころか、ピアノなんて持ってうろうろしていたら、警察に盗んだんじゃないかと疑われるのではと。
 ただでさえ不法投棄しようとしているわけですから、もう後ろめたい事この上なし。

 皆さんも中学生くらいの時、エロ本の隠し場所をあーでもない、こーでもないと一時間くらい部屋の中をうろうろした経験があるでしょう?
 それと同じ心境です。
 ただ、あまりにも凝った所に隠してしまい、忘れ去っていた時に親に見つかって机の上に丁寧に置かれていたり、引っ越しの時に部屋を片づけてたところ見つけてしまい、思わず新鮮に感じてもう一度読み返してしまったりと、それは甘酸っぱい青春のメモリー。w

 まあ、私の経験談はどうでもいいとして、ここはだめ、あそこもだめと、疑心暗鬼にかられているうちに、山頂にたどり着いてしまったのではないかと推察します。
 冷静に考えれば、この山はイギリスで一番高い山(1344m)ですし、毎年何千人も登山客はいるようです。
 いろいろと思案を重ねた挙げ句、よりによって、一番ヤバイ所に捨ててしまうと言うのはありがちな話ですが、何でそんな子とするんだろうと不思議な話です。
 しかも、一番ヤバイところに捨てられたにもかかわらず、捨てられてから20年近くたっていると推測されているなど、何で見つからなかったんだろうかと、首をかしげたくなるような話でもあります。

 以上の事から私が推理するに、変人で好事家の多いイギリス。
 "どれだけ大きくて目につくゴミを、人目の多いところにいかに長期間捨てておけるか愛好会"なんてのが存在して、今頃このニュースを聞いて快哉をあげているのではないかと。
 だとしたら何ともはた迷惑な話ですね。

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif





posted by munimuni at 23:50| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
復活したのね。知らなくてすまぬ。
Posted by yokunaiwai at 2007年08月15日 00:34
かような大馬鹿な粗大ごみ捨てに関して、ながなが総評ができるなんて、管理人殿、なかなかすげいです。( ゚∀゚ノノ"☆パチパチパチパチ
しかしまあ、この下手人も、どうせするのであれば、あらかじめばらすという手段もあったはずですが、形の整った状態で捨てるとはやはり大馬鹿です。ァ '`,、'`,、( ゚∀゚) '`,、'`,、
Posted by DUCE at 2007年08月15日 20:33
 >yokunaiwai様
 しばらくお休みを貰っていましたが、何とか復活しました。
 今後ともよろしくお願いします。

 >DUCE様
 ばらさずに捨てるなんて、よっぽどせっぱ詰まってたんでしょうね。
 もしかしたら、私の適当な推理が当たっているかもしれませんよ。w
Posted by 管理人 at 2007年08月15日 21:25
復活おめでとうございます。

えーと、普通にマスゴミあたりの仕業じゃないですか?
山の頂上でピアノ演奏会とか名うって、終わった後面倒くさくなってそのまま放置、と。
Posted by aizacs at 2007年08月18日 03:11
うーむ....ピアノって捨てなくても,中古品として売れるもんなんですけどね,余程の安物でない限りは。
記事ではメーカー名は明らかにされていませんが,捨てても惜しくないって事は,やっぱり中国か韓国製だったのかな?(ヤマハだったりして)
そう言えば,森の中にピアノが打ち捨てられてる漫画がありましたね。
Posted by 地獄のチューナー at 2007年08月18日 14:15
 >aizacs様
 イギリスというとお堅いイメージがありますが、あちらのマスコミも日本のようになっていたら残念ですね。
 
 >地獄のチューナー様
 ピアノとありますが、イメージ写真のようなグランドピアノではなくて、地獄のチューナー様のおっしゃるように、小学校にあるような安物だったのかもしれませんね。
Posted by 管理人 at 2007年08月19日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。