2007年08月16日

まさに「火に油」…米アトランタで自宅焼失した夫婦

シェアブログsekaiitibakaに投稿
ukkarihatibee.jpg 米南部ジョージア州アトランタ郊外で、男性がガレージで芝刈り機のスイッチを入れただけで、自宅が焼失する不幸に見舞われた。

 芝刈り機から突然出火し、ガレージに燃え広がるのを見た妻が、ガソリン缶を屋外に投げ出そうとして失敗。ガソリンがまき散らされて、火は瞬く間に家中に燃え広がった。夫婦のけがが軽かったことだけが、不幸中の幸いという。(AP)

ソース 

総評:
 このニュース、よくよく読めば誰もバカはいないのですが、奥さんのナイスアシストっぷりがツボ来たので紹介してしまいました。

 なんかこう、親切のつもりでした事が仇になったというのは良くある話です。
 姑さんが干し椎茸を水につけていて出汁を取っていたところ、お嫁さんがお水捨てて干し椎茸を大事に取っておいてくれたとか、会社で一人でおやつ食べているのは悪いので、同僚の女性に毎回勧めていたら、実はダイエット中だったとか良くある事です。
 私は同僚の女性に、たまにはお世辞の一つでも言ってみるかと思い、

 「髪切ったんですね、床屋行ったんですか?」
 「床屋じゃないもん、美容院だもん」

 と、えらい怒られた覚えがあります。
 やり付けない事はするもんじゃないと、強くそう思いました。

 どう考えても、不幸に不幸が重なった結果、笑いの神が降臨して来てしまったニュースですが、そこはフロンティアスピリットのアメリカ人。
 二人で力を合わせて一からやり直すぞと、二人の絆が強まって、こっちでも燃え上がっちゃったりなんかして。w

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif

posted by munimuni at 23:34| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的偏見かも知れませんが,どうも芝刈り機には「やたらとトラブルばかり起こす危険な機械」というイメージがあります。
例えば,使用者の足が切断されたなんていう事故の話はしょっちゅう聞いてる様な気がします。
とは言え,いきなり発火ってのは斜め上にも程がありますが。
ひょっとしたら,例によって中国製だったんでしょうかw


それにしても――前のエントリのコメントにもありましたが――このなんとも論評し辛いニュースを,「より夫婦の絆が強まるでしょう」などと無理矢理?イイ話にまとめてしまう管理人さんの剛腕振り(爆笑)には,いつもながら感服させられますw
Posted by 地獄のチューナー at 2007年08月18日 13:06
 >地獄のチューナー様
 別にこのニュースは、奥さんのミスがきっかけに大惨事になってしまったわけで、そこでこき下ろしては後味が悪くなってしまうと思いましたもので。
 無理矢理なのは、百も承知だったりします。^^;;
Posted by 管理人 at 2007年08月19日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51639051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。