2007年10月26日

エロ本こっそり公園で処分のハズが…エロ魂燃え尽きず



lupinescape.jpg 東京都荒川区で19日早朝、無職の男(26)が、所有するエロ本をこっそり処分するため公園で燃やしていたところ、煙に気づいた住民に119番通報されてしまった。ポンプ車4台に消防隊15人、大勢の消防団員にやじ馬まで出動する大騒ぎになったから、さぁ大変。男なら誰もが同情を禁じ得ない“珍事件”の顛末(てんまつ)とは−。

 「近くに捨てているところを、誰かに見られるのが恥ずかしかった」

 尾久署にこう供述する男の住まいは、都電荒川線沿線の8階建て高級マンション。両親と3人住まいで、事件直前まで病気で入院していたことから、久々に戻った実家で、隠してあった使用済みエロ本を一気に処分しようとしたことが悲劇の始まりだった。

 合計20冊以上のエロ本の処分に困った男は、早朝6時ごろ、室内用の小型のゴミ箱に3冊を詰め込んで外出。1キロほど離れた尾久橋近くの側溝で、持参したぼろきれにライターで火をつけ、最初の焼却を実行。キレイに燃え尽きたことに自信を得た男は、再び自宅に戻り、今度は1.5キロ離れた「都立尾久の原公園」に“出動”し、再び焼却を実施した。

 結局、往復30分以上かかる公園と自宅を、ゴミ箱を抱えたまま3回も往復し、4回目の“出動”で最後の数冊を燃やし始めた午前8時半ごろ、着火用に持参したぼろきれから思いのほか煙が上り、通報された。

 駆けつけた警察と消防に取り囲まれて確保されたとき、男は燃えゆくエロ本をしゃがんでじっと眺めていたという。

 成人男性なら誰もが一度は経験する「飽きたエロ本の後始末」。

 都内の出版社で成人雑誌編集長を務める男性(42)は、「完全に証拠隠滅したかったところをみると、AV全盛の現代にあって、エロ本をこよなく愛する青年が、お世話になった本を最後にきちんと弔いたかったのではないでしょうか」と話す。

 本の中身は「書店に売られている成人向け雑誌や漫画の類。本の内容に問題があれば違った捜査展開になったのですが、拍子抜けしました」(尾久署幹部)。

 燃えずに現場に散乱したエロ本に、特筆すべき過激な内容はなかった。

 現場の「尾久の原公園」は工場跡地約6万平方メートルを、1993年に公園にした荒川区唯一の都立公園で、西半分は首都大学東京のキャンパスとなっている。

 公園側に40年以上住んでいる文具店店主(65)は、「朝から消防車がきてワーワー騒いでいたけど、そんな理由だったの?」とあきれ顔。現場に出動した尾久消防署の消防司令も「公園は21日に実施される、荒川消防署と合同の訓練披露会の会場でした。20日にも下見する予定でしたが、まさかこんな形で下見が済んでしまうとは…」と困惑を隠さない。

 エロ本を包み込んだ炎は、周囲に燃え広がることもなく、事件性もなかっため、男は「廃棄物処理法違反」で始末書処分となり、お灸を据えられた後に釈放された。

ソース 


総評:
 あー、わかりますこの気持ち。
 エロ本関係って妙に後ろめたくて、部屋に隠す時でもここはこうなって見つかる可能性(1%くらい)が、ここはこうなると見つかって(0.5%くらい)と変に頭が回って、冷静に考えるとエロ本もって部屋うろうろしてる事自体が一番デンジャラスな行為という事に気づかず、小一時間うろうろしてしまう事があります。

 彼も同じ轍を踏んでいます。
 処分する事にのみ気を取られて、3回もゴミ箱を抱えて出動という不審きわまりない行為を繰り返し、あげくの果てに焼却の煙をあげてしまうなんて。
 どう考えても"のろし"をあげてます。
 本当にありがとうございました、的な結果になり、ポンプ車4台に消防隊15人、大勢の消防団員にやじ馬が出動。
 結果、全国に報道されてしまいました。
 一番最初の、

 「近くに捨てているところを、誰かに見られるのが恥ずかしかった」

 という、意に反して。

 私が高校生の頃、400円を握りしめて夜中の2時にエロ本の販売機に買いに行った事があります。
 誰もいない事を確認して購入し、腹に入れていそいそと帰る途中、巡回中のお巡りさんが遠くにいるのを発見しました。
 こんな夜中に高校生が歩いていると職質されると考えた私は、小道に逃げ込みました。
 するとそこは行き止まりになっていて、お巡りさんがこんなトコまで来たら言い逃れ出来ないと考えた私は、塀を乗り越えてしばらく隠れる事にしました。
 すると、そこの家では犬を飼っていて吠えられ、ヤバイと思い、今来たところにはお巡りさんがいるので、他から脱出とよそに向かいました。 
 すると夜だったからそれまで気づかなかったのですが、えらい広い庭なんですよね。
 よくよく見ると、庭木が鶴とかそんな感じに刈り込んであるような。
 でね、なんか犬が放し飼いっぽいんですよ。
 一番手近な逃げ道はどこだって、行けそうなのは門しか無いんですよ。
 それも、金持ちだから3mくらいありそうな、鉄で出来た両開きの立派な門しか。
 そこに足かけてよじ登り、一番上に泥棒よけの槍みたいなの付いてるのを慎重にまたいだ時に気づいたんです。
 この体勢って、どう見ても盗みをして逃げようとしているようにしか見えないって事に。w
 しかもここ、街灯に思いっきり照らされてて、門をまたいでる私の姿がライトアップされてるんですよね。
 ルパン三世ですよ、もう。
 幸いな事に周りに人がいなかったみたいで叫ばれたりせずにうまく逃げられたのですが、初めてのお使いだってここまでスリリングじゃねーぞと。
 
 まあ、なにが言いたいかって言いますと、彼は不運にも全国区に進出してしまいましたが、そっとしといてやって下さいと。
 ええ、私も一歩間違えば全国区に行っちゃってたんですから。w 
  
おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif



posted by munimuni at 23:47| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは、ルパン三世といえば、名うてのどすけべぃということで、こうしたエロい話にはなんか縁がありますな。
まあ、そういう時は別に火をつける必要なんかないじゃないですか。遠くの河川敷にでもほおって置けばよい。現物が後々発見されることがあっても、捨てているところを見つけれられなければ、どうとでもごまかしは利くものです。

Posted by DUCE at 2007年10月27日 00:01
燃やさなくても燃焼ゴミに紙ゴミとして括って出せば良かったのでは?

管理人様、かの本を入手するのは命がけでしたか? お怪我が無くて何より、ご苦労様でした(笑) 男の子って大変なんですね・・・。
Posted by 笑いババ at 2007年10月30日 15:35
 >DUCE様
 そうですよね、現場さえ押さえられなければ万事OKなんですけど。
 きっと、超小心者で不安で一杯だったんでしょうね。

 >笑いババ様
 男の子って大変なんですね・・・。

 いいえ、アホなだけです。w
Posted by 管理人 at 2007年11月14日 01:14
ブログいつも楽しく拝見してます^^

今回の記事も参考になりました。

あたたかくなってきましたがお互い頑張りましょう。


それでは。


出会い系オヤジ
Posted by 出会い系オヤジ at 2010年04月30日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62613930

この記事へのトラックバック

エロ本
Excerpt: エロ本こっそり公園で処分のハズが…エロ魂燃え尽きず/東京都荒川区で19日早朝、無職の男(26)が、所有するエロ本をこっそり処分するため公園で燃やしていたところ、煙に気づいた住民に119番通報されてしま..
Weblog: エロ本 あなたの知らない世界
Tracked: 2007-10-27 06:16

エロ本
Excerpt: 中学生がAVとか18禁エロ本を持つのはおかしいことですかね?当方中3ですが、周りに.../中学生がAVとか18禁エロ本を持つのはおかしいことですかね?当方中3ですが、周りには持ってる子ばっかりだし、僕..
Weblog: エロ本 あなたの知らない世界
Tracked: 2007-10-29 10:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。