2007年12月04日

石膏で豆腐を作ってみた。ww

honnmononotoufuya.jpg 11日、北京市昌平区衛生局衛生監督所と工商局は営業許可書を持たないにせ豆腐工場を摘発した。
 出来たばかりの豆腐の上ではハエがたかっていて、ハエの死体も豆腐の上に落ちているような状態だった。

 豆腐の製造機近くには石膏の入った袋が置かれており、この石膏がにがりの代わりに豆腐製造に使用されていた。
 石膏で作られた豆腐を食べると容易に腎臓病になるらしい。工場の作業員によるとこれら 石膏で作られた豆腐は近くの市場などで売っていたという。
 調査員は350キロの豆腐と500キロの豆乳を処分した。

ソース 

総評:
 石膏で豆腐を固めているだなんて、豆腐の前に思わずこちらが固まってしまいました。
 石膏で固まるくらいなら、セメントでも固まるんじゃないかってくらい、豆腐の無節操さにあきれましたが、石膏で作った豆腐は本当ににがりで作るよりコスと安なんでしょうか?
 
 昔、美味しんぼで読んだうろ覚えの知識によると、にがりを使うと60kgの大豆で450丁ほどの豆腐が出来るそうです。
 これが、グルコノデルタラクトンと言うもので固めますと、3000丁も出来るそうで、味の方は水っぽくなるそうですが、とにかく数が出来ますのでトータルでのもうけはこちらが上になるそうです。
 
 グルコノデルタラクトンという便利な物があるというのに、そこをあえて石膏で作るとなると、6000丁くらい出来るのでしょうか?
 確かにもうけはさらに倍になりますが、

 お客さん殺してどうすんだよ!!

 しかも汚ねーし!!

 「あれ?この豆腐、黒大豆入り?」
 「違う、それ蠅。でも、取れば平気」
 「平気じゃねーよ!!」
 
 とか言っちゃって。
 でも仕入れ担当者、絶対工場の様子知らないわけ無いと思うんですよね。

 中国と言えば、四つ足の物はコタツ以外は何でも食べると豪語する
国として通っていますが、やはり根底にはものすごい人体実験が行われていて、食えるものと食えない物の判別がなされていたのではと勘ぐってしまいます。

 とにかくこの、石膏で作られた固そうな豆腐。
 経営者は豆腐の角に頭ぶつけて即座に死んで下さい。 

おもしろかったら、クリックで応援してね。(1日1クリックで十分です。)
banner_04.gif

posted by munimuni at 01:07| 埼玉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!!

さすがチャイナクオリティ!僕らの心をガッシ!ボカ!と掴んで離しませんね(σ・ω・)σ是非この石膏の豆腐を日本で大ブレイクの男前豆腐にインスパイアさせてほしいもんですw
Posted by 珍遊人 at 2007年12月04日 13:15
石膏はたしか CaSO4 ですから、まあ、
凝集剤として作用しないこともないとは思います。
なんぼなんでも石膏としてカチカチに固まるほどぶち込みはしないと・・・思う。。。

Posted by Ackey at 2007年12月04日 14:58
∵:.(:.´艸`:.).:∵ぶっ
よく、「豆腐の角に頭をぶつけて死ね」といいますが、石膏の豆腐ならば、現実に死ねそうですね。ブラックな冗談!
ともあれ、とにかく死那は何でもにせものがそろっていることで。(;゚Д゚)スゲエ
Posted by DUCE at 2007年12月04日 22:09
こういうのを見ると、やっぱり段ボール肉まんは捏造じゃなかったんだろうなあと改めて思いますね。
ま、普段口にしてるものだって何が入ってるかわかったもんじゃないですが。
生産者表示だって当てにならないですしねえ。生産者の写真が入ってるから安心ってアホかと。
Posted by n at 2007年12月06日 03:46
 >珍遊人様
 男前豆腐売れてる見たいですねえ。
 何でネーミングだけでこんなにヒットする門なんでしょうか?
 今度食べてみます。

 >Ackey様
 私は化学の方はとんと疎くて、化学式見て判断たんて芸当は出来ません。^^;;
 今後も化学的な知識が必要なネタの時は、フォローお願いします。_(_ _)_ 

 >DUCE様
 何でも実験してみて、生き残った調理法が中華の神髄だったりして。w

 >n様
 生産者の写真が、犯罪者の手配写真になったりして。w
Posted by 管理人 at 2007年12月06日 22:50
中国では、凝固剤として石膏を使うのが伝統ではないのですか。
調理の歴史をよく検証しましょう。
Posted by 淮南王 at 2008年06月16日 20:48
日本でも使われていますよ。石膏は硫酸カルシウム。戦前凝固材として使われていたにがり(主成分塩化マグネシウム)は、戦闘機などの合金を作る材料として使われたので豆腐屋にはまわってこなかった。変わりに炭酸カルシウムや硫酸カルシウムなどが使われてきました。いまでこそにがりブームですが、お年寄りにはスマシ粉(タンカル)で作った豆腐のほうを好む人たちもいます。今でも使われています。単独ではなくにがりなどと混合で使うことが多いです。飛行機でにがりのような液体をわざわざ海外から運ぶ現代をすこし考え直してみましょう。昔の人たちはその地域で手に入るものでなんとか工夫して料理をこさえてきたということに気がつきます。日本でも山間地などで野菜の煮汁のアクで豆腐をつくっていたところもあるそうですよ。
Posted by 豆腐花 at 2009年09月03日 12:37

H大好きって聞いてたけど、ここまでとは思わなかったよwww

フツー初対面の男と会う時にヴァイブ入れてくるか?コイツぶっ飛んでるわwwwww

ま、ホテルで即ヴァイブ引き抜いて息子ぶち込んだけどな☆ヽ(・∀・)ノ

こーいう子って入れるとすぐにいっちゃう子が多いから男は楽チンなんだよねwwwww

http://goM.chuebrarin.com/8xc2ozn/
Posted by にゃっほーいwww at 2009年09月12日 07:30
京都の老舗、森嘉も天然石膏です。もう少し考えて書いたら?
Posted by at 2010年02月27日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。